Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour HOT,お得

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour HOT,お得 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 人気,新品

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 人気,新品 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 全国無料,新品

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 全国無料,新品 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大人気

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大人気 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大得価,品質保証

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 大得価,品質保証 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 格安,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 格安,100%新品 —— 71,200円

Latour

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 豊富な,人気

Year Wine Name Rating Maturity 1955 Latour 94 now-2020 ボルドー第4版 数多くの卓越した驚きのワインを供給したこのヴィンテージ(特にメドックとグラーヴ)からの壮観なラトゥール、深みのあるガーネット色の1956年は、縁にいくらか琥珀色も見られる。いまだにタニックなままであるが、燻製肉、乾燥ハーブ、西洋杉、黒系果実、森の下生え、なめし革の並はずれた芳香は魅惑的だ。1971年や1967年といったヴィンテージをしのばせる。フルボディのワインで、甘い、強烈な中間部があり、力強さもたっぷりで、11年の寿命が残っている。過小評価されているが、絶句するほどすばらしいワインだ。さらによくなるかもしれない。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年7月

1955 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 豊富な,人気 —— 71,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 2014,新作

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 2014,新作 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お買い得,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour お買い得,低価 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour セール,2014

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour セール,2014 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour セール,高品質

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour セール,高品質 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 大人気,お買い得

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 大人気,お買い得 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 大得価,正規品

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 大得価,正規品 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 得価,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 得価,低価 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,送料無料

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 新作登場,送料無料 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 格安,定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 格安,定番人気 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 格安,最新作

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 格安,最新作 —— 331,200円

Latour

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 激安大特価,大得価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 1997-2040 ボルドー第3版 私は幸せなことに、このワインを11回も、それぞれ違った機会に試すことができたが、多くはこの数年に集中している。レギュラー・ボトルからもマグナムからも飲んだことがある。常に100点満点。テイスティングの場所が大陸のこちら側だろうと合衆国であろうと関係ない。このワインはフルボディの記念碑的ポイヤックで、カベルネのシロップと見まがう味がある。ポート・ワインにも似たなめらかな、噛みごたえのある舌触りがたまらない。色は非常に濃い紫からガーネットのまま。黒い果実とトリュフ、なめし革、西洋杉、ミネラルを含んだ天国のような上質なノーズだ。何度か、そのジャムのような甘さ、アロマに騙されて、ペトリュスと勘違いしてしまったことがある(全然ワインの性質が違うのに、困ったものだ)。 1961年のラトゥールはいまだにゴージャスに甘く豊かで、エッジの琥珀色はまったく生じないし、古びた兆候も見せない。堂々たる桁外れなボルドーで、私が試した最上のワインのひとつであることは確かだ。 飲み頃予想:現在から2040年 最終試飲月:97年6月 Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 now-2030 ボルドー第4版 ポートのようでとろりとした舌触りがあり、暗いガーネット色の縁には相当な琥珀色も見られる。1961年ラトゥールの、このねっとり感や厚みに迫るのは1982年や1959年のようなヴィンテージのみだ。2000年にシャトーで開かれた試飲会で供された3本のうち、1本は驚くほど攻撃的な、ミントのような、草っぽいノーズが見られたが、残りの2本は完ぺきな液体で、かぐわしい、西洋杉のような、トリュフ、なめし革、ミネラル、そして甘い、ジャムにしたような香りが見られ、フルボディの、官能的な舌触りや、絶妙な純粋さや凝縮感があったし、層状の、とてもニュアンスのあるフィニッシュは心を動かされずにはおれないほど偉大なワインのエッセンスだった。1961年は十分な飲み頃になって15年以上にもなるが、1982年とよく似て、どうやらよりリッチなものになっていくようで、みずみずしさやふくよかさを持ったまま、アロマのニュアンスはさらに成長してきており、甘さや凝縮感は失っていない。並はずれたワインで、まぎれもなく20世紀における伝説的なボルドーの1つである! 予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2000年6月

1961 シャトーラトゥール 750ml BBR品 Ch.Latour 激安大特価,大得価 —— 331,200円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour SALE,得価

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour SALE,得価 —— 47,800円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 人気,定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 人気,定番人気 —— 47,800円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,セール

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,セール —— 47,800円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,最新作

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,最新作 —— 47,800円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,限定セール

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 定番,限定セール —— 47,800円

Latour

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最新作,大得価

Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour93データなしIn Asia #1111 (2011-11-30)Medium-deep brick colored with notes of leather, tobacco, soy, sandalwood, figs and dried berries. Medium bodied and crisp in the mouth with a medium level of velvety tannins, it is fully mature with a long spicy finish. Year Wine Name Rating Maturity 1975Latour90?nowボルドー第4版ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、 より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、い くつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー= ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評 価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビ ー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、 タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラント やブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い 合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、 渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりな のだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々し い1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどん どんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳

1975 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 最新作,大得価 —— 47,800円