2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,SALE

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,SALE

2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,新品

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,新品

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 限定SALE,低価

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 定番人気,正規品

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 定番人気,正規品

1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 定番人気,品質保証

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Haut Brion オー・ブリオン 100 now-2000 Wine Journal #N/A (2007-07-31) The 1961 Haut-Brion was pure perfection, with gloriously intense aromas of tobacco, cedar, minerals, and sweet red and black fruits complemented by smoky wood. This has always been a prodigious effort (it was the debut vintage for Jean Delmas). The notes for this wine are taken from the description of Series IV - Flight D of the 1995 tasting conducted in Munich by Helga and Hardy Rodenstock. Many years after the tasting from which this note derives allegations were made concerning the authenticity of old and rare bottles of wine sold by Hardy Rodenstock to collectors around the world. The matter has been the subject of numerous articles, litigation and at least one book. Mr. Parker believes that the wines served to him at this tasting were authentic so this note and the others from that specific tasting continue to be posted on eRobertParker.com. ROBERT M. PARKER,JR.  ★★★★★ Ch.Haut-Brion 1961  100点 1961年(100点 最終試飲年月 2001年1月)と1959年(100点最終試飲年月 2002年9月)の2つは不死身のワインだ。いずれも並外れたオーブリオンなのだが、1961年のほうがどうやら飲み頃の高原部の終わりにいるようなのに対して、1959年のほうは弱みを見せる兆しはないし、向こう10から15年は持ちこたえる能力がある。いずれも並外れたワインで、新品同様の瓶なら完ぺきそのものである。西洋杉、タバコ、ミネラル、甘い赤や黒系の果実の古典的なノーズがあり、極めてフルボディの、豪勢な舌触りもある。1959年の方がねっとりとしているし、1961年よりも1989年との共通点の方が多い。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカー Jr. 美術出版社 暗いガーネット色をした1961年のオー=ブリオンは、純粋に完璧なワインであり、タバコ、西洋杉、チョコレート、ミネラル、甘い赤い果実と黒い果実の香りが燻した樽香と混ざり合った、華々しいほどに強いアロマがある。このワインは常に驚異的な成果を示していた(これはジャン・デルマにとってのデビュー・ヴィンテージである)。 極めてフルボディで、濃厚で、甘い果実味が幾重にも連なったこのワインはキャンディ のようだ。一貫して驚くべきワイン!  飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:97年3月 『ボルドー 第3版』 ロバート・M・パーカー Jr. 講談社 エチケットの状態・液面 1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 定番人気,品質保証

1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 2014,品質保証

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Haut Brion オー・ブリオン 100 now-2000 Wine Journal #N/A (2007-07-31) The 1961 Haut-Brion was pure perfection, with gloriously intense aromas of tobacco, cedar, minerals, and sweet red and black fruits complemented by smoky wood. This has always been a prodigious effort (it was the debut vintage for Jean Delmas). The notes for this wine are taken from the description of Series IV - Flight D of the 1995 tasting conducted in Munich by Helga and Hardy Rodenstock. Many years after the tasting from which this note derives allegations were made concerning the authenticity of old and rare bottles of wine sold by Hardy Rodenstock to collectors around the world. The matter has been the subject of numerous articles, litigation and at least one book. Mr. Parker believes that the wines served to him at this tasting were authentic so this note and the others from that specific tasting continue to be posted on eRobertParker.com. ROBERT M. PARKER,JR.  ★★★★★ Ch.Haut-Brion 1961  100点 1961年(100点 最終試飲年月 2001年1月)と1959年(100点最終試飲年月 2002年9月)の2つは不死身のワインだ。いずれも並外れたオーブリオンなのだが、1961年のほうがどうやら飲み頃の高原部の終わりにいるようなのに対して、1959年のほうは弱みを見せる兆しはないし、向こう10から15年は持ちこたえる能力がある。いずれも並外れたワインで、新品同様の瓶なら完ぺきそのものである。西洋杉、タバコ、ミネラル、甘い赤や黒系の果実の古典的なノーズがあり、極めてフルボディの、豪勢な舌触りもある。1959年の方がねっとりとしているし、1961年よりも1989年との共通点の方が多い。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカー Jr. 美術出版社 暗いガーネット色をした1961年のオー=ブリオンは、純粋に完璧なワインであり、タバコ、西洋杉、チョコレート、ミネラル、甘い赤い果実と黒い果実の香りが燻した樽香と混ざり合った、華々しいほどに強いアロマがある。このワインは常に驚異的な成果を示していた(これはジャン・デルマにとってのデビュー・ヴィンテージである)。 極めてフルボディで、濃厚で、甘い果実味が幾重にも連なったこのワインはキャンディ のようだ。一貫して驚くべきワイン!  飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:97年3月 『ボルドー 第3版』 ロバート・M・パーカー Jr. 講談社 エチケットの状態・液面 1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 2014,品質保証

2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 人気定番,格安

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 人気定番,格安

1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 人気定番,100%新品

Year Wine Name Rating Maturity 1982 Haut Brion 95 2009-2035 Wine Advocate #183 (2009-06-30) 私が知るかぎり、1982年のオー・ブリオンが1959年と似 ているというのが、世界で最も偉大なワイン生産者の一人として私が尊敬するジャン・デルマの一貫した見方であった。だが私は、まだ納得していない。私には、1989年と似ているのは、これまた100点満点のワインで、 史上最高のオー・ブリオンの一つである 1959年の方だと思える。1982年は美酒だが、このヴィンテージまたはテロワールが達成できるはずの最高の趣には達してはいない。陽に焼けた槌、燻製ハーブ、甘いレッドカラントやブラックカラントを思わせる 複雑な香りに続くワインは、フルボディで、絹のような舌触り。だが、この作品には、1989年、1990年やより最近のヴィンテージに見られる凝縮感、舌触り、多面的な個性は感じられない。だが、それは、本質的に 重箱の隅をつつくようなあら捜しであり、1982年が卓越したオー・ブリオンであることに変わりはない。1990年ほどの成長の跡はないようだ。向こう20~30年は寿命を維持できるであろう。たぶん、今まで貯えられていた 要素が向こう10年の間に姿を現すかもしれない。飲み頃:現在~2035年。 印象的な色。甘美なコクがあり、肉づきはなめらか。「ビロードに包まれた鉄の拳」。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著) 1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 人気定番,100%新品

2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 送料無料,新作

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 送料無料,新作

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 驚きの破格値,大得価

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 驚きの破格値,大得価

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 定番,セール

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 定番,セール

2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 新品,送料無料

size="2">98-100 now Wine Advocate #188 (2010-04-27) There are 10,500 cases of the 2009 Haut-Brion, from a blend of 46% Merlot, 40% Cabernet Sauvignon, and 14% Cabernet Franc. For technicians, the highest ever natural alcohol, 14.3%, was achieved, with a pH of 3.9, which is about the same as the 1989 and 1990, as well as 1959. This is the kind of wine to send chills even up my spine, and I have been tasting here for nearly 30 years. An extraordinary nose of plum, blueberry, raspberry, crushed rock, and that intriguing floral as well as unsmoked cigar tobacco note (a classic sign of this terroir) is followed by a wine of creamy unctuosity reminiscent of 1989, but there is a freshness, vibrancy and precision that is historic and possibly unprecedented. Some graphite emerges as the wine sits in the glass, but the wine is very thick while at the same time precise and elegant. This is the quintessential expression of one of the greatest wine terroirs of the world. To reiterate, the good news is that there are going to be 10,500 cases of Haut-Brion in 2009, which is about 1,500 more cases than the 9,000 produced in 2005. This wine will probably need 7-8 years of cellaring when released and evolve as well as the 1959 has (which is still a perfect wine today), so we’re realistically talking 50-75 years when stored in a cool cellar. (Tasted once.)   2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 新品,送料無料

1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 新作登場,定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1982 Haut Brion 95 2009-2035 Wine Advocate #183 (2009-06-30) 私が知るかぎり、1982年のオー・ブリオンが1959年と似 ているというのが、世界で最も偉大なワイン生産者の一人として私が尊敬するジャン・デルマの一貫した見方であった。だが私は、まだ納得していない。私には、1989年と似ているのは、これまた100点満点のワインで、 史上最高のオー・ブリオンの一つである 1959年の方だと思える。1982年は美酒だが、このヴィンテージまたはテロワールが達成できるはずの最高の趣には達してはいない。陽に焼けた槌、燻製ハーブ、甘いレッドカラントやブラックカラントを思わせる 複雑な香りに続くワインは、フルボディで、絹のような舌触り。だが、この作品には、1989年、1990年やより最近のヴィンテージに見られる凝縮感、舌触り、多面的な個性は感じられない。だが、それは、本質的に 重箱の隅をつつくようなあら捜しであり、1982年が卓越したオー・ブリオンであることに変わりはない。1990年ほどの成長の跡はないようだ。向こう20~30年は寿命を維持できるであろう。たぶん、今まで貯えられていた 要素が向こう10年の間に姿を現すかもしれない。飲み頃:現在~2035年。 印象的な色。甘美なコクがあり、肉づきはなめらか。「ビロードに包まれた鉄の拳」。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著) 1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 新作登場,定番人気

1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 最安値,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Haut Brion オー・ブリオン 100 now-2000 Wine Journal #N/A (2007-07-31) The 1961 Haut-Brion was pure perfection, with gloriously intense aromas of tobacco, cedar, minerals, and sweet red and black fruits complemented by smoky wood. This has always been a prodigious effort (it was the debut vintage for Jean Delmas). The notes for this wine are taken from the description of Series IV - Flight D of the 1995 tasting conducted in Munich by Helga and Hardy Rodenstock. Many years after the tasting from which this note derives allegations were made concerning the authenticity of old and rare bottles of wine sold by Hardy Rodenstock to collectors around the world. The matter has been the subject of numerous articles, litigation and at least one book. Mr. Parker believes that the wines served to him at this tasting were authentic so this note and the others from that specific tasting continue to be posted on eRobertParker.com. ROBERT M. PARKER,JR.  ★★★★★ Ch.Haut-Brion 1961  100点 1961年(100点 最終試飲年月 2001年1月)と1959年(100点最終試飲年月 2002年9月)の2つは不死身のワインだ。いずれも並外れたオーブリオンなのだが、1961年のほうがどうやら飲み頃の高原部の終わりにいるようなのに対して、1959年のほうは弱みを見せる兆しはないし、向こう10から15年は持ちこたえる能力がある。いずれも並外れたワインで、新品同様の瓶なら完ぺきそのものである。西洋杉、タバコ、ミネラル、甘い赤や黒系の果実の古典的なノーズがあり、極めてフルボディの、豪勢な舌触りもある。1959年の方がねっとりとしているし、1961年よりも1989年との共通点の方が多い。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカー Jr. 美術出版社 暗いガーネット色をした1961年のオー=ブリオンは、純粋に完璧なワインであり、タバコ、西洋杉、チョコレート、ミネラル、甘い赤い果実と黒い果実の香りが燻した樽香と混ざり合った、華々しいほどに強いアロマがある。このワインは常に驚異的な成果を示していた(これはジャン・デルマにとってのデビュー・ヴィンテージである)。 極めてフルボディで、濃厚で、甘い果実味が幾重にも連なったこのワインはキャンディ のようだ。一貫して驚くべきワイン!  飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:97年3月 『ボルドー 第3版』 ロバート・M・パーカー Jr. 講談社 エチケットの状態・液面 1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 最安値,低価

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 得価,人気SALE

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 得価,人気SALE

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 最安値

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 最安値

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 100%新品,得価

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 100%新品,得価

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 人気セール,100%新品

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 人気セール,100%新品

1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 格安,爆買い

Year Wine Name Rating Maturity 1982 Haut Brion 95 2009-2035 Wine Advocate #183 (2009-06-30) 私が知るかぎり、1982年のオー・ブリオンが1959年と似 ているというのが、世界で最も偉大なワイン生産者の一人として私が尊敬するジャン・デルマの一貫した見方であった。だが私は、まだ納得していない。私には、1989年と似ているのは、これまた100点満点のワインで、 史上最高のオー・ブリオンの一つである 1959年の方だと思える。1982年は美酒だが、このヴィンテージまたはテロワールが達成できるはずの最高の趣には達してはいない。陽に焼けた槌、燻製ハーブ、甘いレッドカラントやブラックカラントを思わせる 複雑な香りに続くワインは、フルボディで、絹のような舌触り。だが、この作品には、1989年、1990年やより最近のヴィンテージに見られる凝縮感、舌触り、多面的な個性は感じられない。だが、それは、本質的に 重箱の隅をつつくようなあら捜しであり、1982年が卓越したオー・ブリオンであることに変わりはない。1990年ほどの成長の跡はないようだ。向こう20~30年は寿命を維持できるであろう。たぶん、今まで貯えられていた 要素が向こう10年の間に姿を現すかもしれない。飲み頃:現在~2035年。 印象的な色。甘美なコクがあり、肉づきはなめらか。「ビロードに包まれた鉄の拳」。最後の試飲は2005年10月。★★★★★ (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著) 1982 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 格安,爆買い

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml HOT,低価

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml HOT,低価

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 全国無料,人気

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 全国無料,人気

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 超激得,2014

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 超激得,2014

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 新作登場,お買い得

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 新作登場,お買い得

2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 豊富な,お買い得

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 豊富な,お買い得

1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 高品質,定番

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Haut Brion オー・ブリオン 100 now-2000 Wine Journal #N/A (2007-07-31) The 1961 Haut-Brion was pure perfection, with gloriously intense aromas of tobacco, cedar, minerals, and sweet red and black fruits complemented by smoky wood. This has always been a prodigious effort (it was the debut vintage for Jean Delmas). The notes for this wine are taken from the description of Series IV - Flight D of the 1995 tasting conducted in Munich by Helga and Hardy Rodenstock. Many years after the tasting from which this note derives allegations were made concerning the authenticity of old and rare bottles of wine sold by Hardy Rodenstock to collectors around the world. The matter has been the subject of numerous articles, litigation and at least one book. Mr. Parker believes that the wines served to him at this tasting were authentic so this note and the others from that specific tasting continue to be posted on eRobertParker.com. ROBERT M. PARKER,JR.  ★★★★★ Ch.Haut-Brion 1961  100点 1961年(100点 最終試飲年月 2001年1月)と1959年(100点最終試飲年月 2002年9月)の2つは不死身のワインだ。いずれも並外れたオーブリオンなのだが、1961年のほうがどうやら飲み頃の高原部の終わりにいるようなのに対して、1959年のほうは弱みを見せる兆しはないし、向こう10から15年は持ちこたえる能力がある。いずれも並外れたワインで、新品同様の瓶なら完ぺきそのものである。西洋杉、タバコ、ミネラル、甘い赤や黒系の果実の古典的なノーズがあり、極めてフルボディの、豪勢な舌触りもある。1959年の方がねっとりとしているし、1961年よりも1989年との共通点の方が多い。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカー Jr. 美術出版社 暗いガーネット色をした1961年のオー=ブリオンは、純粋に完璧なワインであり、タバコ、西洋杉、チョコレート、ミネラル、甘い赤い果実と黒い果実の香りが燻した樽香と混ざり合った、華々しいほどに強いアロマがある。このワインは常に驚異的な成果を示していた(これはジャン・デルマにとってのデビュー・ヴィンテージである)。 極めてフルボディで、濃厚で、甘い果実味が幾重にも連なったこのワインはキャンディ のようだ。一貫して驚くべきワイン!  飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:97年3月 『ボルドー 第3版』 ロバート・M・パーカー Jr. 講談社 エチケットの状態・液面 1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 高品質,定番

1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 低価,送料無料

THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK 1973 Ch HAUT-BRION Two notes. I placed it second at Penning-Rowsell's 1973 first growth tasting in 1984. Lively-looking, and with the totally different Haut-Brion smell and taste. A whiff of coffee beans and 'Smarties', vinous, developed well. Medium dry, fuller-bodied than expected, soft yet powerful, iron-tabacco flavour, good texture and aftertaste. Michael Broadbent  1973 シャトーオーブリオン 1500mlCh.Haut Brion 1500ml 低価,送料無料

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 100%新品,大得価

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 100%新品,大得価

1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 安い,定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Haut Brion オー・ブリオン 100 now-2000 Wine Journal #N/A (2007-07-31) The 1961 Haut-Brion was pure perfection, with gloriously intense aromas of tobacco, cedar, minerals, and sweet red and black fruits complemented by smoky wood. This has always been a prodigious effort (it was the debut vintage for Jean Delmas). The notes for this wine are taken from the description of Series IV - Flight D of the 1995 tasting conducted in Munich by Helga and Hardy Rodenstock. Many years after the tasting from which this note derives allegations were made concerning the authenticity of old and rare bottles of wine sold by Hardy Rodenstock to collectors around the world. The matter has been the subject of numerous articles, litigation and at least one book. Mr. Parker believes that the wines served to him at this tasting were authentic so this note and the others from that specific tasting continue to be posted on eRobertParker.com. ROBERT M. PARKER,JR.  ★★★★★ Ch.Haut-Brion 1961  100点 1961年(100点 最終試飲年月 2001年1月)と1959年(100点最終試飲年月 2002年9月)の2つは不死身のワインだ。いずれも並外れたオーブリオンなのだが、1961年のほうがどうやら飲み頃の高原部の終わりにいるようなのに対して、1959年のほうは弱みを見せる兆しはないし、向こう10から15年は持ちこたえる能力がある。いずれも並外れたワインで、新品同様の瓶なら完ぺきそのものである。西洋杉、タバコ、ミネラル、甘い赤や黒系の果実の古典的なノーズがあり、極めてフルボディの、豪勢な舌触りもある。1959年の方がねっとりとしているし、1961年よりも1989年との共通点の方が多い。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカー Jr. 美術出版社 暗いガーネット色をした1961年のオー=ブリオンは、純粋に完璧なワインであり、タバコ、西洋杉、チョコレート、ミネラル、甘い赤い果実と黒い果実の香りが燻した樽香と混ざり合った、華々しいほどに強いアロマがある。このワインは常に驚異的な成果を示していた(これはジャン・デルマにとってのデビュー・ヴィンテージである)。 極めてフルボディで、濃厚で、甘い果実味が幾重にも連なったこのワインはキャンディ のようだ。一貫して驚くべきワイン!  飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:97年3月 『ボルドー 第3版』 ロバート・M・パーカー Jr. 講談社 エチケットの状態・液面 1969 シャトーオーブリオン Ch. Haut Brion 安い,定番人気

1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 得価,人気セール

Year Wine Name Rating Maturity 1999 Haut Brion 93 2007-2025 Wine Advocate #140 Apr 2002 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.   89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 1999 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion 得価,人気セール

2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion SALE

Year Wine Name Rating Maturity 2002 Haut Brion 92~94 now ボルドー第4版 偶然なのか、比較的涼しい年でも一級のテロワールは輝かしいものとなるということなのか、オー=ブリオンがつくり出した見事なまでに古典的な、ミディアムボディの、明確な、焦点の定まった2002年は、深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香り(細かく砕いた小石、プラム、ブラックチェリー、カラント、イチジク、土)を誇っている。印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられる、ミディアムボディの、ほどよく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。オー=ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー=ブリオンより優位に立つのは異例のことだが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。予想される飲み頃:2010~2024年。   高比率のメルロ(51%)、カベルネ・ソーヴィニヨン(40%)、カベルネ・フラン(9%)。不透明で濃い色。控えめな香りだが、豊かなアロマと相当の深み。かなり甘く、リッチで充実した風味で、口当たりが良い。長く芳しいオークの後味。愛すべきワイン。試飲は2003年4月。★★★★★ 2010~2018年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 2002 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion SALE

2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 低価,得価

size="2">98-100 now Wine Advocate #188 (2010-04-27) There are 10,500 cases of the 2009 Haut-Brion, from a blend of 46% Merlot, 40% Cabernet Sauvignon, and 14% Cabernet Franc. For technicians, the highest ever natural alcohol, 14.3%, was achieved, with a pH of 3.9, which is about the same as the 1989 and 1990, as well as 1959. This is the kind of wine to send chills even up my spine, and I have been tasting here for nearly 30 years. An extraordinary nose of plum, blueberry, raspberry, crushed rock, and that intriguing floral as well as unsmoked cigar tobacco note (a classic sign of this terroir) is followed by a wine of creamy unctuosity reminiscent of 1989, but there is a freshness, vibrancy and precision that is historic and possibly unprecedented. Some graphite emerges as the wine sits in the glass, but the wine is very thick while at the same time precise and elegant. This is the quintessential expression of one of the greatest wine terroirs of the world. To reiterate, the good news is that there are going to be 10,500 cases of Haut-Brion in 2009, which is about 1,500 more cases than the 9,000 produced in 2005. This wine will probably need 7-8 years of cellaring when released and evolve as well as the 1959 has (which is still a perfect wine today), so we’re realistically talking 50-75 years when stored in a cool cellar. (Tasted once.)   2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 低価,得価

2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 高品質,新品

size="2">98-100 now Wine Advocate #188 (2010-04-27) There are 10,500 cases of the 2009 Haut-Brion, from a blend of 46% Merlot, 40% Cabernet Sauvignon, and 14% Cabernet Franc. For technicians, the highest ever natural alcohol, 14.3%, was achieved, with a pH of 3.9, which is about the same as the 1989 and 1990, as well as 1959. This is the kind of wine to send chills even up my spine, and I have been tasting here for nearly 30 years. An extraordinary nose of plum, blueberry, raspberry, crushed rock, and that intriguing floral as well as unsmoked cigar tobacco note (a classic sign of this terroir) is followed by a wine of creamy unctuosity reminiscent of 1989, but there is a freshness, vibrancy and precision that is historic and possibly unprecedented. Some graphite emerges as the wine sits in the glass, but the wine is very thick while at the same time precise and elegant. This is the quintessential expression of one of the greatest wine terroirs of the world. To reiterate, the good news is that there are going to be 10,500 cases of Haut-Brion in 2009, which is about 1,500 more cases than the 9,000 produced in 2005. This wine will probably need 7-8 years of cellaring when released and evolve as well as the 1959 has (which is still a perfect wine today), so we’re realistically talking 50-75 years when stored in a cool cellar. (Tasted once.)   2009 シャトーオーブリオン フルボトル 1本Ch.Haut Brion 750ml 1bt 高品質,新品